原创翻译:QQ分分彩技巧 http://www.ltaaa.com 翻译:andy8588 转载请注明出处



【AFP】米航空宇宙局(NASA)は2日、月の軌道を周回しているNASAの衛星が、9月の月面着陸直前に通信を絶ったインドの月面探査機チャンドラヤーン2号(Chandrayaan-2)の着陸船ビクラム(Vikram)を発見したと明らかにした。

法新社消息美国宇航局(NASA)12月2日透露,环绕月球轨道的NASA卫星发现了在9月份着陆月球前通信中断的印度月球探测器月船2号着陆器维克拉姆残骸。


NASAは、月周回探査衛星「ルナ.リコネサンス.オービタ(Lunar Reconnaissance Orbiter、LRO)」が撮影した画像で、着陸船ビクラムが9月6日(インド時間9月7日)に月面に衝突した場所と、数キロにわたって約20か所に破片が散乱している様子などを公開した。

NASA公布了月球勘测轨道飞行器拍摄的图像,显示了着陆器维克拉姆于9月6日(印度时间9月7日)与月球表面相撞的现场,其碎片散落在方圆数公里的20多个位置上。





無人着陸船ビクラムは月を周回する軌道船から分離され、月面へ向かって5日間をかけて降下しようとしていたが、月面からわずか2.1キロメートルの上空で通信を絶った。着陸失敗から数日後、インド宇宙研究機構(Indian Space Research Organization)はビクラムの位置を特定したが通信を回復できないと発表していた。

无人着陆船比克勒姆从环绕月球的轨道船中分离出来,试图向月面飞行5天,但在距离月球只有2.1公里的上空切断了通讯。着陆失败几天后,印度太空研究机构(Indian Space Research Organization)宣布,虽然定位了维克拉姆的位置,但无法恢复通信。